ホーチミン校

KECゼミナール ホーチミン校 小学部公立進学コース

中学受験はせず、ホーチミン日本人学校や日本の公立中学に通う方のためのコースです。学校で習っている内容の知識の定着を大切にします。

 

小学4年生・・・国語/算数

小学5年生・・・国語/算数・理科・社会

小学6年生・・・国語/算数・理科・社会

公立進学コースの特徴①/今の課題が見える「実力テスト」

KECゼミナール ホーチミン校では「今の学力」「個々の苦手分野」を把握するため、2か月に一度のペースでに模擬試験を実施しています。点数や偏差値だけではなく、単元ごとの得点率も算出されますので、自分がどの単元を対策しないといけないかが一目でわかります。「日本の子どもたちと比べて、自分の子どもがどれだけの力を持っているかわからない」という不安の声を一番よく耳にします。定期的な模擬試験により、成績の推移や日本の子どもたちも含めた今の位置がわかるので、安心して中学校進学に向けた準備をしていただけます。

 

■中学校進学に向けた学習習慣を定着させます。

実力テストの1か月前には「実力テストの類題」と「必勝シート」を配布します。類題を家で解いてきてもらい、授業で解説、そして必勝シートにできなかった問題を記入していきます。そうすることで自分の課題を可視化することができ、テストの前に集中的に弱点対策をすることができます。実力テスト終了後は「振り返りシート」を配布し、どこができていてどこが課題なのかをこちらも可視化します。テスト前に計画を立てる→弱点を可視化する→テストの後に振り返りをする→次回に向けての改善策を決めるこのような学習習慣は一朝一夕で身につくものではありませんが、中学校に進学した際に必要となる習慣です。KECゼミナール ホーチミン校では小学生の間からこのような学習習慣を身につけることを推奨しています。

公立進学コースの特徴②/短時間・集中型授業

KECゼミナール ホーチミン校の小学部の授業は19時までが原則。小学生であっても20時や21時まで勉強させる学習塾も多いですが、KECゼミナール ホーチミン校は違います。小学生にとって、家族と一緒に食卓を囲む時間は非常に大切です。家族とのコミュニケーションの時間をしっかり確保してほしい、そんな思いからそのような時間設定にしています。

そしてそれを可能にするのが、「短時間・集中型授業」。プロ講師が単元ごとのポイントを把握したうえで、要点を凝縮した授業を行っています。「これは中学校に行っても必要な知識だからしっかり時間をかけて理解する」「この問題は、高校入試でもよく出る」など、先を見据えた学習指導を心掛けています。

正しい生活習慣を保ちながら学力を伸ばすことができる、それがKECゼミナール ホーチミン校の最大の特徴です。

公立進学コースの特徴③/多様なイベントで勉強への関心をUP!

テキストや問題集だけでは学べないことがたくさんあります。また自分の目で見て感じたことは深く記憶に残るものです。KECゼミナール ホーチミン校では自分自身で体験する学習を大切にしており、その一環として「理科実験教室」を定期的に開催しています。理科実験教室では毎回テーマを変え、子どもたちの理科への興味・関心を最大限引き出せるように工夫しています。理科実験教室に関しては、塾生以外の方でも参加できますので、ぜひお気軽にご参加ください!

理科実験イメージ

KECゼミナール ホーチミン校へのお問い合わせ

インターネットからのお申し込み

■お電話はこちら

(028)6251-5736