ホーチミン校

小学部 低学年コース/小学2年生

KECゼミナール ホーチミン校では、小学2年生の方に向けて、「玉井式国語的算数教室」と「こくご」を開講しています。低学年のうちに「算数」と「国語」の基礎をしっかりとかため、高学年・そして中学校進学後に伸びる子どもを育みます。

開講コース/時間割 2019年度

①玉井式国語的算数教室(7区KECゼミナール ホーチミン校)/水曜日/16:00~17:20

           (1区Saigon Sky Garden校)/月曜日/18:00~18:55

②こくご(7区KECゼミナール ホーチミン校)/土曜日/10:00~10:55

③プロスタキッズ(7区KECゼミナール ホーチミン校)/土曜日/11:00~12:00

                          土曜日/14:00~15:00

KEC ホーチミン 問い合わせ

 

 お電話でのお問合せ

 

    028-6251-5736

① 玉井式国語的算数教室

算数の文章題でつまずく子、図形問題の突破口が見つけられない子。これらの子どもたちは「イメージング力」の不足という共通した問題を抱えています。文章を読んで場面を思い描いたり、図形を頭の中で動かしたりすることができないのです。玉井式国語的算数教室では、アニメーションを教材として取り入れ、アニメーションを見た後で問題に取り組む授業形式です。 アニメーションの中に算数の問題を解くヒントがちりばめられています。アニメーションを通して場面設定を理解していくので、大人でもびっくりするような長い文章題や複雑な図形の問題でも、子どもたちはスラスラと解けるようになっていきます

玉井式国語的算数教室で身につく力

教材イメージ

①長文読解力

低学年では難しいと思われるような長文でも、線を引きながら必要な情報を取捨選択ができるようになります。文章題の苦手意識を克服するのに有効です。

教材イメージ

③記述力

「自分の考えを書く」大きな解答欄。図や言葉を使いながら、解答にいたる過程を考える習慣がつきます。

教材イメージ

②図形脳

ほぼ毎回の授業で平面図形や立体図形、展開図などに触れます。受験でも必ず出題される図形問題を得意分野にすることができます。

イラスト

④イメージング力

楽しいストーリーのアニメーションと文章を組み合わせた教材を使用。場面のイメージがしやすくなります。


②こくご

小学校低学年のこくごの授業では、「語彙力」「理解力」「表現力」の3つの力を伸ばす指導を行っています。授業では漢字の練習と読解問題を中心に、国語力の基礎固めを行います。

語彙力

毎回の授業で漢字テストを行います。ただ漢字の形を覚えるのではなく、その漢字の意味や、部首・筆順なども確認しながら、漢字に対する興味を深めます。また宿題では音読と文章に出てくる語句の意味調べをしてもらいます。音読をすることで文章の内容が理解しやすくなり、言葉の意味や使い方も自然に学ぶことができます。

理解力

理解力を養うために、毎回の授業で文章読解を扱います。登場人物の発言やしぐさから心情を理解したり、文章の内容を要約したりすることで、国語だけではなくすべての教科でいきる学力の基礎を培います。

表現力

記述式問題に取り組み、答えに必要な情報の取捨選択の仕方や、質問に対する答え方を学びます。例えば「なぜ」と聞かれたら「~から」で答えるなど、会話ではできても文字で書くとできていないことは意外に多いです。コミュニケーション力を伸ばす練習にもなります。

③プロスタキッズ

プロスタキッズとは?

SwitchやWii Uで大人気のゲーム「Minecraft」を使用して、ゲーム感覚でプログラミングを学習できるコースです。文部科学省が2017年3月に発表した新・学習指導要領内で、2020年度から小学校でのプログラミング教育が必修化されることになり、日本国内でもプログラミング教育に対する需要がどんどん高まっています。マイクラの世界をメイクコードを使用してプログラミングすることで、基礎となる知識を習得、ゲームの世界を自分で作ってみよう!!

カリキュラム

■カリキュラム

4回1セットで授業を実施します。

 

■1回目/順次処理

プログラミングはたくさんの命令ので構成され、命令には実行順序があります。順次処理では、「どんなタイミングで」「どんな順番で」「どんな命令を」実行していくのかを学びます。

 

■2回目/くり返し

ある一定の決まった処理をくり返す方法を学びます。繰り返し回数や、終了条件などを決めて、どうすれば効率よく処理が進むのかを考えます。

 

■3回目/条件分岐

全ての場合に実行・繰り返しをするのではなく、特定の条件に当てはまる時だけ実行したい命令があります。条件分岐では、条件によって処理を分ける方法を学びます。

 

■4回目/プレゼンテーション

学んだことをもとに自らテーマに沿った作品を作り、全員の前で発表をしてもらいます。作品のテーマや詳細を分かりやすく人に伝える力・また友達のプレゼンテーションを傾聴する力を育みます。

無料体験実施中!お気軽にお問い合わせください。

KEC ホーチミン 問い合わせ

 

 お電話でのお問合せ

 

    028-6251-5736