ホーチミン校

成績UPの秘訣をききました!

ホーチミン日本人学校に通う中学2年生の望月紀花さん(2018年3月時点)。小学6年生の時に受けたKECゼミナールの入塾テストで、算数は20点台でした。しかしその後の努力のおかげで、中学2年生の数学の定期テストでは3回連続で80点以上をキープしています。どのようにして成長することができたのかをインタビューしました!


高得点の秘訣は、「解きなおし」にあり!

―小学6年生の時に受けた入塾テストは20点台だったそうですが、結果をきいた時はどう思いましたか。

 

もともと算数は苦手だったので、いい点数は取れないと思っていましたが、さすがにやばいなとは思いました。基本的な問題の解き方が理解できていなかったんだと思います。 

 

―KECゼミナールに入塾をしてどのような変化がありましたか?

 

 

入塾するまではとにかく分からない問題が多かったので勉強することが嫌でした。でもKECゼミナールに入塾をして少しずつ分かる問題が増えてきたことで、勉強に対して嫌な気持ちがなくなりました。長時間の勉強もそこまで苦痛ではなくなりました。

 

 

―それは大きな変化ですね!中学2年生になって数学の定期テストで80点以上を3回連続でキープしています。安定して高得点をとれるようになった要因は何だと思いますか?


 

 

一番は解きなおしを徹底したことだと思います。前は間違えた問題があっても、そのままにしていたり、一回だけ解きなおしをしたりという感じでした。でもKECゼミナールの必勝シートを使うことで間違えた問題を何度もくりかえして解く習慣が身に着きました。多い時は5回ぐらい。自分の力で解けるようになるまで何度もやっています。

 

 

―良い勉強習慣が身に着きましたね!最後にKECゼミナールの授業でどんなところがよかったですか?

 

授業のメリハリがあるのがよかったです。まじめなときはきちんとやるし、楽しませてくれる時は全力で楽しませてくれるので、授業に飽きることはなかったです。知識のつめこみだけではなくて、暗記しやすい方法や勉強方法なども教えてくれてとても助かりました。

 

望月さん、ありがとうございました!これからも自己ベストを目指して挑戦を続けていきましょうね!