ケーイーシーゼミナール ベトナム ホーチミン校

成績UPの秘訣を聞きました!~第2弾~

ホーチミン日本人学校に通う中学3年生の生田龍平くん(2018年5月時点)。

 

中学2年生の時に受けたKECゼミナールの入塾テストで、数学は30点台でした。しかしその後の努力のおかげで、中学3年生の数学の定期テストで見事97点を獲得しました!

 

どのようにして成長することができたのかをインタビューしました!

自分に合った勉強方法をしっかりつかんで得た高得点!

―中学2年生の時に受けた入塾テストは数学が30点台だったそうですが、結果をきいた時はどう思いましたか。

 

とにかく絶望しました。中学2年生にもなってこれぐらいの実力しかないということにショックを受けましたし、この先にある受験のことがとても心配になりました。

 

―KECゼミナールに入塾をしてどのような変化がありましたか?

 

とにかくテストの点数があがりました。入塾する前は、定期テストの合計点は400点に届かないことが多かったのですが、今となっては400点が最低ラインだと思えるほどになりました。それは勉強方法が明らかに変わったからだと思います。具体的には解きなおしをするようになったことが一番大きな変化ですね。入塾する前は解きなおしをすることがなかったので、新しい単元に入ったときには前の単元のことはきれいに忘れてしまっていました。解きなおしをすることで知識の定着もよくなったと思います。

 

 ―解きなおしの徹底はKEC生の合言葉ですね(笑)1学期中間の数学のテストではあと1問で満点というところまで伸びました。成績UPのために心がけたことは何ですか?

 

分からないところを一問一問先生に質問しました。そのままにせずに分かるまで聞きまくったことが良かったのだと思います。あとは先生に言われたことを素直にやりました。例えば英語で「この熟語や単語を覚えて」といえばそうしたし、数学で「このパターンは大切!」と言われれば、同じパターンの問題をひたすら解きました。また見ているだけでは絶対に覚えないということも学んだので、とにかく書いて覚えましたね。

 

―良い勉強習慣が身に着きましたね!最後にKECゼミナールの授業でどんなところがよかったですか?

 

 一つ一つの問題を丁寧に解説してくれるところです。独学で行うとわからないところがあっても自分で確認して理解していかなければなりませんが、KECの先生は生徒一人一人の課題を把握して教えてくれるので、内容がとても理解しやすいです。

 

 

生田くん、ありがとうございました!今年はいよいよ受験生!志望校合格に向けて一緒に頑張っていきましょう!