ホーチミン校

合格実績 2016年度 ※KECゼミナール ホーチミン校 塾生のみ

見事合格をつかんだみなさん!本当におめでとうございます!!

中学受験

札幌光星中学校

立命館慶祥中学校

獨協埼玉中学校

山脇学園中学校

立教女学院中学校

湘南白百合学園中学校

清泉女学院中学校

同志社国際中学校

関西大学第一中学校

大阪教育大学附属池田中学校

1名

1名

1名

1名

1名

1名

1名

1名

1名

1名


高校受験

 立命館宇治高校

1名


編入

実践女子学園中学校

1名


 

【合格者数について】

掲載している合格者数は、KECゼミナール ホーチミン校に塾生として正規の手続きを行った方のみです。模擬試験のみを受験した生徒や講習会のみを受講した生徒などは、一切含んでおりません。

 

KECゼミナール ホーチミン お問合せ

合格体験記 2016年度

清泉女学院中学校/湘南白百合中学校  合格!

私は、帰国子女枠で受験しました。受験日当日、試験会場に入るまでものすごく緊張していました。もう息ができなくなるくらいに。私はふだん、海外でテストや模試などを受けていたので、会場内の人たちは全員知り合いでした。だから、赤の他人と机を並べて試験を受けることも初めてで、しゃっくり十連続するくらいびくびくしていました。しかし、試験会場に入ったとたん、その気持ちはフッ飛びました。密室から犯人が、忽然と消えるみたいに、どこかに消えました。

逆になんだかものすごく自信がわいてきたのです。ここまでやって、努力したのだから大丈夫、自分はきっと受かる!! みたいな。この妙な自信が湧いてきた根源には、KECでしてきた努力の積み重ねと、KECでの経験があったと思います。旅人算の解説をしているときに停電して、ビックリしたこと。みんなと一緒に模試を受けた時にべたお弁当が妙においしかったこと。うれしかったこと。悲しかったこと。そういう経験や思い出があったから、ジャンプ台に立っても、しっかり飛べる自信があって、そんなにビビらずに怯まずに、飛べたのだと思います。

受験に、自信は大切だと思います。自信がなければ、私は受からなかった。そう思います。でもその自信につながるまで努力しないといけないこともわかりました。そこまでが大変です!!!!! 

大阪教育大学附属池田中学校/関西大学第一中学校  合格!

ぼくは、このKECに入っていたからこそ合格できたのだと思います。その理由は二つあります。

一つは、KECに入ってから学校のテストの点数が上がり、成績も上がっていることです。その時はうれしいと同時に「KECに入って良かった」と思いました

そして、もう一つは、1回目の試験を自信満々で合格できたことです。初めての試験だったのですごく緊張しましたが、受けてみると、意外と簡単で、合っているかはわかりませんが、算数は全問解くことができました。KECに入っていたから簡単に感じたのだと思います。

ぼくは、夏休みから本格的に勉強を始めました。遅れを取りもどそうとして必死に勉強して合格を取りました。KECで学ぶことも合格につながりますが、一番大事なのは自分の努力の量です。中学の定期テストも努力することを忘れないでいどみます。これから試験をする人は大変ですが、一生懸命になって、たくさん勉強をしてください。

同志社国際中学校  合格!

私は今年の4月、初めてKECがベトナムに来てから、本格的に受験勉強を始めました。そこで私は、初めて「解き直し」という勉強法に出会いました。今までの私は、間違えた問題があってもそのままほったらかしにしていたので、次に同じ問題を解いて間違えてしまっていました。でも今は、解き直しを行うことで、同じ間違いをしないようになりました。

私は、第一志望の学校には合格しなかったけれど、第2志望の学校には合格することができて、本当に嬉しかったです。KECで楽しく勉強できて良かったと思います。塾では、授業も面白くて、勉強はこんなに楽しかったんだなと思いました。勉強が楽しかったおかげで、自習もするようになって、成績がのび、合格できたのだと思っています。中学に入っても、解き直しを行い、小6で身についた習慣を続けていきたいです。KECは、私を合格に導いてくれた勉強法を教えてくれたところです。本当にKECには感謝しています!! 

獨協埼玉中学校/山脇学園中学校  合格!

私は今まで授業中に手をあげず、ノートにも何も書けずのまったく自信の持てない女の子でした。それに当てられたらおどおどしてしまっていました。しかし、KECに通い始めてからは予習を行い、どんどん自分に力につながっていったので、自信が持てるようになりました。そして学校の先生にとつぜん当てられたときには、バシッとかっこよく答えることができました。それからは発言する勇気を持て、自分から積極的に手をあげるようになりました。

KECの算数では、最初に基本問題、その次に応用問題を解きました。私にとってこの時間は一番緊張する時間でした。解けなかったらどうしよう、などという思いで顔がカァー、と赤くなりました。解けたときは本当に晴れやかな気持ちになり、解けなかったときはとてもがっかりします。そして悔しい気持ちもこみあげてきます。私はこの時間が少し嫌いでもありました。しかし、この時間は試験のときの気持ちと同じだったということが試験中に分かりました。この時間に問題を落ち着いて解くことができれば入試でも、もっと落ち着いてできたのかもしれません。

これから私立の中学校へ行きますが、KECで学んだあの緊張感、そして問題が解けたときの快感を大切にして、勉強を一生懸命したいと思います

立命館宇治高校  合格!

私はKECに中36月から通い始めました。当時、高校受験をする予定などなく、日本の中学校の勉強をするために通っていました。しかし、夏に立命館宇治を見学し、国際的な方針や施設などの魅力にひかれ、入りたいと思うようになりました。 

このことをKECの先生に伝えた時、大変ビックリされたと思います。これまで受験勉強をした経験がなかった私にとって、勉強に打ち込むことは、正直辛かったです。やる気もあまり出ず、あきらめそうになった時も何度もありました。しかし、KECの先生や家族に励ましてもらい、頑張れたのだと思います 

とくに私は、日本語に学校で触れることが少なく、入試科目である小論文が苦手でした。そんな私に先生は、基礎から教えてくれ、添削も丁寧にしてくれました。入試の前日には、お守りをくれ、落ち着いて、試験に挑むことができました。 

熱望した立命館宇治高校に合格して、すごく嬉しいです。私が合格できたのは、塾の先生方や、家族がサポートしてくれたおかげです。感謝しています。 

四月から大変な毎日になるとは思うけど、積極的に頑張りたいと思います。

KECゼミナール ホーチミン お問合せ