ケーイーシーゼミナール ベトナム ホーチミン校

テト休みブログ第3弾!

 

\ みなさんこんにちは♪ 

テトのお休みも残り1週間となりました!

宿題は順調に進んでいますか?(--)

 

KEC八訓の体現


みなさんが授業の始めに声を合わせて唱和しているKEC八訓。

 

今年度もあとわずかになりましたが、体現できている項目はいくつありますか(^_^)

 

2学期では八訓チャンピオンが選出されましたが、3学期の選出の時期に近づいてきています!

各教室に、テストの振り返りシートやウエノーート(解き直しノート)のよい例が掲示されていますね!

なぜ掲示されているのか?ということに気づくことが大切です。

ただただ、「こんな内容をかけるのがすごい!」とだけで捉えるだけではもったいないですよ!

 

そこから、自分がこれからどんな工夫をしてみるのかを考え、行動することが大切です!

オリジナルの工夫がなかなか思いつかない人は、まず、「良い例」のまねをしてみましょう。

まねをすることで、自分に合った勉強法や時間の使い方が発見できるきっかけになります(^_^)

 

次回は誰が八訓チャンピオンになるのかを楽しみにしています(><)

 

 ~余談のコーナー~ 

数年前にお話ししたかもしれませんが、生徒もたくさん増え、また、大好きな話の1つなのでもう一度(^_^)♪私は京都の大学に通っていたので、お寺拝観によく行ったのですが、お寺の中に龍が描かれていることがよくあります。

 

みなさんは描かれている理由をご存知でしょうか?

諸説ありますが、龍は水の神様といわれています。昔はお寺が火事になることが多かったそうです。そのため、火事に見舞われないようお寺に(天井に描かれているのが有名ですね)龍を描いたといわれています。

 

織田信長が謀反にあった本能寺ですが、「ヒ()」を避けるために「能」の右側を「去」にし、本「」寺と表記されています。(本能寺は焼き打ちに遭うことが多かったそうです)

 

話は戻りますが、龍を描いている意味が分かると見方が変わってきませんか?

ただ「龍が描かれている!かっこいい!!すごい!」だけではなく、なぜ描かれているのかを考えてみると視野が広がりますね。

 

八訓チャンピオンの掲示もそのような視点でぜひ考えてみてくださいね(^_^)

今後の予定━━━━―---————————————————————————-

★――――――――――――――――――――――――――――――――――――

学習塾・進学塾のKECゼミナール ベトナム ホーチミン校
TEL (028)6251-5736
 FAX (028)6251-5730  

D85-86 Road No.5,Residential Him Lam KinhTe,Tan Hung Ward,District 7,HCMC