ケーイーシーゼミナール ベトナム ホーチミン校

葉月①★自立して勉強するポイント

\  Welcome to KEC HCM blog! /

夏といえば・・シリーズ

 

 

最後は・・ 畑先生です。

 

 

  ~ブログクイズの答え ~

 

 

ブログクイズ254弾!


織田信長が明智光秀によって本能寺で討たれたのは有名なお話。

羽柴秀吉は織田信長のかたきを討つために、急いで京方面へと引き返します。

これが有名な「中国大返し」です。

そして明智光秀と羽柴秀吉が激突します。それが「山崎の戦い」です。

 

この山崎の戦いで勝敗を分けたのが「天王山」をどちらが先に制するか、でした。

 

そこから、「天王山」という言葉ができたんですね。

 

 

★ ★ ★ ★ 

 

ついに8月に入りましたね!

夏休みいかがお過ごしでしょうか?

 

日本に一時帰国している人は、なかなか会えない日本でのお友達と遊びに行っているのでしょうか?

受験生は塾でたくさん勉強しているという様子も聞きます。

 

日本から先生に質問の連絡があることもあります。よく頑張っていますね!

「夏を制する者が受験を制する」とよく言われますが、

たくさんの受験生を見てきた先生もこの言葉は間違っていないと思います。

 

これまで、たくさんの知識を頭に入れて、たくさんの問題を解いてきたと思います。

しかし、人は忘れる動物。

どうしても抜けていく知識が出てきて、歯抜け状態になってしまいます。

この抜けた歯(知識)整理し、頭に入れ直すのがこの夏休みです。

 

ではどうすれば、知識が定着するのか。

人は生きる上で必要だと思ったことは強い記憶に残そうとします。

 

Q.じゃあ勉強は?

A.「生きる上で必要」と認識するのは小学生や中学生の皆さんにとっては難しいかもしれません。

 

Q.じゃあどうするか?

A.脳に生きる上で必要と勘違いさせることです。

何度も繰り返し覚えようとした情報は、脳が「これは生きる上で大切なことだから、何度も繰り返し覚えているんだ!」と勘違いします。こうして、記憶が定着します。

 

苦手な教科や単元から目を逸らすことはないですか?

やらなければ、できるようになりませんから、苦手なままですよね。

苦手なものでも、繰り返し練習することでできるようになるのです。

 

それは、KECホーチミン校ではおなじみの【解き直し】ですね!

【真の解き直し】とは、何も見ずに、誰からの手助けもなく自力でできるようになる状態です。

これは、誰かに説明できる状態でもあります。

 

 

この夏は【真の解き直し】を行って、【本物の自信】を育みましょう!

 

★ ★ ★ ★ 

 

何度も繰り返して練習する夏休みにするために、KECでは夏休みの学習計画を立てられるアイテムを配っています。

 

 

それが↓↓

 

差をつける夏にするのか、差をつけられる夏にするのか。

やると決めた計画を実行することが大事です。

 

KECはみんなと離れていても応援をつづけています!

 

ブログクイズ255弾!


「歯抜け」の話がでてきたので

ここで歴史と虫歯の話。

 

虫歯が起因で死んだとされる説があるのは

次のうちだれ?

①平清盛

②源頼朝

③源義経

 

④武蔵坊弁慶


今後の予定━━━━―---————————————————————————-

 

★――――――――――――――――――――――――――――――――――――

学習塾・進学塾のKECゼミナール ベトナム ホーチミン校
TEL (028)6251-5736
 FAX (028)6251-5730  

D85-86 Road No.5,Residential Him Lam KinhTe,Tan Hung Ward,District 7,HCMC