ケーイーシーゼミナール ベトナム ホーチミン校

神無月⑤★KEC生頑張ってます!

\  Welcome to KEC HCM blog! /

ひさびさの生徒写真。

 

模試を頑張る小5生です。

  ~ブログクイズの答え ~

 

 

ブログクイズ272弾!


正解は彼は花や植物を育てるのが上手だ。

 

親指が緑色に染まるほど植物をいじっている、ところが語源だそうです。

むかし、「みどりのゆび」という児童書を読んだのを思い出しました。

 

まだ実家にあるかなあ。

 

★ ★ ★ ★ 

 

みなさん、こんにちは。

最近は徐々に雨も少なくなってきて、雨季の終わりを感じますね。

 

 

さて、最近毎週土曜日になると、中学3年生や小学5年生、小学6年生がお昼過ぎから教室にやってきてあることをしていることが多いです・・・。

 

 

それは、「模試」です。

この模試がなかなか難しいですよね。

学校の試験では見たこともない、さらには塾でも見たことがない問題が出題されることもしばしば・・・。

学校の成績は学年NO1だった講師の先生たちも昔は模試にとても苦労したものです。

 

それでは、なぜ模試を受けるのか考えてみましょう。

 

 

主に3つの意味があります。

 

①本番の雰囲気に慣れるため。

難しい問題・見たこともない問題が出てくると、あせってしまうのが人間。

当日知らない問題が出ても、模試の経験があれば、あせらずゆっくり考えられますね。

 

②自分の学力の現在位置を知るため。

偏差値ってありますよね。算出方法はとても面倒なんですが、簡単な式でいうと、自分の点と平均点の差を出して2で割ります。+なら足して、-なら50から引いてください。そうすると大体の目安の偏差値は出るそうです。平均点ちょうどは偏差値50です。

 

③自分の得意・苦手分野を知るため。

ここが一番大事です。自分がすでに習った範囲で解けなかった問題があるということ。これを発見できるのが、模試の一番良いところだと個人的には思っています。

 

 

③って、何かわかりますか?のびしろですね。

 

 

 

つまり、何が言いたいかというと、模試を受けて、成績票が返ってきて、

 

 

「よかったー」


 

「悪かったー」


ではなくて、

 

「その結果を踏まえて、次、点数をあげるためにはどうすればいいのか」


を考えることが一番大事だということです。

 

 

模試は体重測定みたいなものです。今の現状を知るためのひとつの手段です。

体重を何回も測定したからといって、体重は変化しません。

その結果を見て、自分がどう動くのかが大事なのです。

 

入試まで残りわずか。という人も多いです。

 

頑張れKEC生!

 

 

ブログクイズ273弾


 

「雨季(うき)」はあるが、「冬季(とうき)」はない。

「検定(けんてい)」はあるが、「検問(けんもん)」はない。

「種(たね)」はあるが、「卵(たまご)」はない。

 

「梨(なし)」はあるが、「桃(もも)」はない。


 これらにはある法則があります。 

 

さあ、これにあなたも続けて問題を作ってみよう。

今後の予定━━━━―---————————————————————————-

 

★――――――――――――――――――――――――――――――――――――

学習塾・進学塾のKECゼミナール ベトナム ホーチミン校
TEL (028)6251-5736
 FAX (028)6251-5730  

D85-86 Road No.5,Residential Him Lam KinhTe,Tan Hung Ward,District 7,HCMC